Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

「連結・分割できるベッド」

家族全員で寝られる連結・分割できるベッドの一覧です。家族全員だとダブルサイズではキツイので、連結ベッドがおすすめ!2台連結なら最大280cm・3台連結なら300cmも可能!5人家族でもみんなで寝ることができます!後々は夫婦で使ったり、子供に与えたりできてとっても経済的です!

「連結・分割できるベッド」の商品一覧

連結ベッドの特徴

連結ベッドは、二台のベッドをつなげて一台の大きなベッドとして使うことができます。
並べるだけだと隙間ができて落ちてしまいますよね。
そういったことがないよう、金具やバンド等でしっかり連結することができます。

小さな子供といっしょに家族全員で寝るベッドや、夫婦で使うベッドなどに、特におすすめ。
連結も分割もできるので使い方の幅が広がり、長く使えますよ!

連結ベッドのメリット

一台のベッドのように使えるので、家族・夫婦の距離感がとても近くなります。
「並べる」ではなく「つながっている」ので、心の距離感もグッと近づきますよね。

分割して一台ずつ使うことも可能。 ファミリーで使う場合は、我が子の成長に合わせて将来こども部屋に置くこともでき、とっても経済的。
夫婦で使うなら、新婚時は連結して使い、後々は間にナイトテーブルを置いたりといった使い道もできますね。

連結ベッドのデメリット

フレームは一体化しますが、マットレスはつながりません。
中央に隙間ができてしまうので、タオルを挟むなどの対応が必要になる可能性があります。

大き目のボックスシーツ

このような大き目のボックスシーツで対応することもできます。

大き目のボックスシーツ

ただ、マットレスが分かれているのは「パパ・ママの寝心地の好みに分けることができる」というメリットでもあります。
分割することを考えても、一枚の大きなマットレスではなく「二枚のマットレスにして隙間を埋める」という対応が最適ですね。

乳児~3歳くらいの子供のいる家族におすすめの選び方

乳児~3歳くらいの子供のいる家族におすすめの連結ベッド

小さな子供がいる家庭の場合は、ベッドからの転落に気を付けたいですよね。
向いているのは「低いロータイプの連結ベッド」。
脚がないので、高さは「マットレスの厚み+床板」くらいです。

夜のおむつ交換などが必要なら、照明付きだと使い勝手が良くておすすめ↓

照明付きの連結ベッド

ベッド上でヤンチャにはしゃぐなら、クッション性のあるヘッド付きだとぶつけても安心です↓

クッション性のあるヘッド付きの連結ベッド

4歳~小学校入学くらいの子供のいる家族におすすめの選び方

年中・年長クラスになり、もうすぐ小学生という子供も、もちろん転落は怖いはず。
でも長い目で見ると、転落のことよりも「通気性」「収納」「ほこり対策」など、別の視点で考えてもいい年ごろとも言えますよね。

通気性を重視するなら「脚付き+すのこ床板」タイプが最適↓

「脚付き+すのこ床板」タイプの連結ベッド

収納を重視するなら、開閉タイプを選べると臨機応変に対応できます↓

開閉タイプを選べる連結ベッド

高さを調節できるタイプなら、ほこりや通気性に加え、転落にも対応しやすくなります↓

高さを調節できる連結ベッド

その他のシーンでの選び方

子供の年齢以外のポイントとしては「家族の人数」「お部屋の広さ」「好みの寝方」が重要。

家族の人数は、

・3人家族 ⇒ 幅200~240cm
・4人家族 ⇒ 幅240~280cm
・5人家族 ⇒ 幅280~300cm

くらいのサイズ感がおすすめです。
300cmは「3台連結できるタイプ」じゃないと実現できません。

3台つながる連結ベッド

3台連結できるタイプ

3人家族で、あえて3台連結タイプにして、将来一台ずつ使うというのも、賢い選択と言えそうですね。

お部屋広さがギリギリの場合は、脚付きマットレスなど、ヘッドのないタイプだと省スペースに置けます↓

連結できる脚付きマットレス

マットレスじゃなく布団で寝たい家族なら、布団が使える&干せるタイプだと、ベランダまで運ぶ手間も減ります↓

布団が使える&干せる連結ベッド

「連結・分割できるベッド」の人気商品 TOP 5

ページ先頭へ戻る