一人暮らしにおすすめ!わずか200cmに置けるヘッドレスベッド厳選5つ

一人暮らしにおすすめ!わずか200cmに置けるヘッドレスベッド厳選5つ

一人暮らしの部屋が狭くてベッド選びに悩んではいないでしょうか。
寝るためのスペースは最低限なければいけませんが、できるだけ省スペースに置きたいところですよね。

そこでここでは、寝床のサイズはそのままに、ベッドの大きさを小さくできる「ヘッドレス」なベッドを紹介
一人暮らしでも手を出しやすい価格帯のモデルを5つセレクトしてみました。

「ヘッドレス」とは…

ヘッドボードなし

ベッドは「フレームとマットレス」で構成されます。
そのフレームもまた「本体とヘッドボード」に分けることができ、利用シーンでは

マットレスを乗せる部分 = 本体
枕元にある棚や板状の部分 = ヘッドボード

となります。
そのヘッドボードを、あえてなくしたベッドを「ヘッドレス」と呼びます。

ヘッドレスのメリット・デメリット

棚があると便利なのは間違いありませんが、特に使うこともないなら、ただスペースを使ってしまうだけ。
ヘッドレスの最大のメリットは「省スペース」に置けるという点です。

ヘッドレスのメリット

マットレスの大きさを小さくすると、寝にくくなってしまいますよね。
ヘッドレスは「ヘッドボード」をなくしても「本体」のサイズはそのままなので、寝心地を損なうことなくフレームだけを小さくしたベッドと言えます。

デメリットは小物を置く棚がない点や、見た目のバランスが「ベッドっぽくない」といった部分でしょうか。

一人暮らしでは部屋が狭いことのほうが多く、テーブルや棚がベッドの近くにあることも多いはず。
それならヘッドボードをなくしても使い勝手はそこまで変わりませんよね。
狭さが功を奏します。

また、頭側を壁に付ける配置なら、ヘッドボードがあってもなくても見た目に大きな違いはありません。
一人暮らしでは、壁に対して2面が設置している「L字」でベッドを配置することも多く、案外、狭い空間に合わせやすいメリットがあるベッドですよ。

テーブルを近くに置けない場合や、頭側を壁に付けることのできない配置の場合は、棚付きヘッドボードのフレームも合わせて参考にしてください。
一人暮らしの部屋が10倍見違える!おすすめの棚付きベッド6選!一人暮らしの部屋が10倍見違える!おすすめの棚付きベッド6選!

一人暮らしに最適な5つのヘッドレスベッド

価格を抑えて揃えやすい、ヘッドレスタイプを5つ紹介します。
それぞれ個性があるので、あなたの環境にピッタリを選択することができますよ。

1.通気性とナチュラル感が魅力のヘッドレスベッド「fiume(フィウーメ)」

天然木の丈夫なすのこベッド「fiume(フィウーメ)」

非常にシンプルで、どっしりとしていて、心が落ち着くナチュラル感のあるベッド。
湿気に強い「桐」のすのこで、ベッド下の空間の広さもあり、湿気の多い住まいにおすすめのベッドです。

  • お部屋が北向きで日当たりが悪い
  • 鉄筋コンクリート造の1階
  • 窓が少なくて小さめ
  • 風が通りにくい間取り

このような条件に当てはまるなら、通気性を重視したベッドがおすすめ。
カビの可能性を減らし、メンテナンスの手間を少しでも減らしてくれるタイプを選ぼう。

布団でもマットレスでも大丈夫なフレームなので、ベランダの有無や好み、手持ちの寝具などによって決めるといいですね。

【価格】
シングルフレームのみ:税込み価格

fiume(フィウーメ)はこちら

2.高さ調整できる激安ベッドレスベッド「Libure(リビュア)」

Libure(リビュア)

形状は非常にシンプルで、最大の特徴は高さ調整機能と価格の安さ。

寝心地を重視しようとすると、マットレスは厚くなっていき、価格も上がっていきます。
そんなときに重宝するのが「Libure(リビュア)」。

マットレスの厚みに合わせて高さを3段階に調整できます。

高さを3段階に調整できます

価格も安いので、マットレスに予算を回すことも十分可能。
耐荷重が200kgもあるので、大柄な男性もゆったり身を預けることができますね。
マットレスにこだわりたいという人に特におすすめのベッドですよ。

【価格】
シングルフレームのみ:税込み価格

Libure(リビュア)はこちら

3.マットレス込みで安く揃う「脚付きマットレス ボトムベッド」

フランスベッドも選べる次世代型「脚付きマットレス ボトムベッド」

マットレスも込みで安く揃えたい人は、脚付きマットレスがおすすめ。
特にこの「ボトムベッド」は、脚付きマットレスが進化した使いやすいタイプ。

従来はマットレスに脚が付いていたため、へたりや汚れなどで「マットレスだけを交換する」ということができませんでした。
それを「ボトム」という構造にすることで改善。

簡単に言うと、マットレスと脚の間に「ボトム」という板を一枚挟んだような構造になります。
それにより、見た目や使い勝手は脚付きマットレスそのものなのに、従来の弱点を大幅に解消
より長く使うことができ、寝心地を重視して選べる脚付きマットレスですよ。

当然マットレスも合わせて揃うので、安くベッドを用意できるメリットが魅力ですね。

【価格】
シングルサイズ:税込み価格円~

「脚付きマットレス ボトムベッド」はこちら

4.細かい物をスッキリ整理できるヘッドレス収納ベッド「Semper(センペール)」

Semper(センペール)

収納が足りなくて困っている一人暮らしさんには、お値打ち価格の収納ベッドがおすすめ。

Semper(センペール)は、今使っている衣装ケース・収納ケースがそのまま使える点が魅力です。
季節やアイテムごとに細かく分けている場合は、わざわざ引き出しに入れ替える手間もありません。

もちろん専用の引き出し付きも。
ヘッドレスで収納機能まで付いていると、かなり部屋のスペースを空けることができますよね。

  • 布団でもマットレスでも大丈夫なタイプ
  • ヘッドレスなのでレイアウトも自由
  • 価格も抑えめ

非常に使い勝手のいいベッドですよ。

【価格】
シングル×マットレスセット:税込み価格

Semper(センペール)はこちら

5.大容量収納を安く実現できる跳ね上げベッド「L-Prix(エルプリックス)」

L-Prix(エルプリックス)

通常、跳ね上げ収納ベッドは高価でなかなか手を出しにくい部類ですが「L-Prix(エルプリックス)」ならその中でもかなり安価に揃えることができます。

マットレス一体型の床板やヘッドレスという構造により、部材を節約できるのがポイント。
脚付きマットレスの項で書いた逆の発想で、マットレスを交換できないデメリットはあるものの、高価な跳ね上げベッドを安価に用意できるメリットが非常に大きくなります。

引き出し付きベッドとの一番の違いは、仕切りがない点。
キャリーケースや季節で変えるラグなど、大きな物や長い物を収納できるのがメリットになります。

また「引き出すスペース」も不要なため、ベッドの横に家具を配置できる点も、一人暮らしでは大きなポイントになりそう。
壁付けして開閉できる工夫も、省スペースという意味では見逃せないポイントです。

壁付けして開閉できる

細かい物の収納は苦手で、収納ケースなどに整理してから収納することになります。
とにかく収納スペースを増やしたいという一人暮らしさんに、特におすすめの収納ベッドですよ。

【価格】
シングル×マットレスセット:税込み価格

L-Prix(エルプリックス)はこちら

まとめ

ヘッドレスは省スペースにベッドを置くことができるため、一人暮らしで部屋が狭くて悩んでいる場合に最適な形状
省スペース性に加え、通気性や収納力など、ほかに重視するポイントを意識することで、あなたにピッタリな一台を選択することができるのではないでしょうか。

ヘッドレス以外のベッドの選び方は、こちらを参考にしてください。
初めての一人暮らし向けベッドの選び方完全ガイド(画像32枚で徹底解説)非公開: 初めての一人暮らし向けベッドの選び方完全ガイド(画像32枚で徹底解説)

一人暮らしにおすすめのヘッドレスベッド まとめ
  • ヘッドボードがないと省スペースに置ける
  • デメリットは小物置き場がない点と見た目
  • 通気性重視ならfiume(フィウーメ)
  • マットレスに予算を回すならLibure(リビュア)
  • 安く両方揃えるなら脚付きマットレス ボトムベッド
  • 収納ケースをそのまま使いたいならSemper(センペール)
  • 収納力重視ならL-Prix(エルプリックス)