ベッドのサイズ感 一覧

ベッドのサイズ感 一覧

【幅】

セミシングル幅 約80~90cm
シングル幅 約90~100cm
セミダブル幅 約120cm
ダブル幅 約140cm
クイーン幅 約160cm
キング幅 約180~200cm

ベッドのサイズ感

【長さ】

ショート丈マットレスの長さ 約180cm
レギュラー丈マットレスの長さ 約195cm
ロング丈マットレスの長さ 約200~210cm

セミシングルのサイズ感

セミシングルのサイズ感

マットレスの幅が約80~90cmのベッドです。
シングルサイズが約90~100cmになり、シングルより幅の狭いサイズ。
セミシングルを二台並べることで、クイーンサイズというサイズ感になります。
※モデルによって横幅が若干違ったりするので、外寸はしっかりご確認ください。

セミシングルの特徴

小柄で細身の女性や子供にピッタリのサイズ感
無駄にお部屋のスペースを使うことなくベッドを配置することができます。

大人の男性の場合は細身でも窮屈に感じるのでおすすめしません。
子供の場合は寝相を観察し、あまり窮屈になるような場合は寝にくくなってしまう可能性もあるので、その辺りを基準にするのがおすすめです。

シングルのサイズ感

シングルのサイズ感

マットレスの幅が約90~100cmのベッドです。
シングルベッドはベッドのサイズの中で最も基本のサイズ。
シングルを二台並べることで、キングサイズというサイズ感になります。
※モデルによって横幅が若干違ったりするので、外寸はしっかりご確認ください。

シングルの特徴

シングルベッドは基本的に標準体型の「大人一人用」です。
いくら仲の良いカップルや夫婦と言えども、大人二人では寝ることはできません。

子供の添い寝はできないことはない広さですが、あまり月齢が低いと予期せぬ危険があるかもしれないので、おすすめはしません。

セミダブルのサイズ感

セミダブルのサイズ感

マットレスの幅が約120cmのベッドです。
シングルが約90~100cm、ダブルが約140cmになり、その中間のサイズがセミダブル。
※モデルによって横幅が若干違ったりするので、外寸はしっかりご確認ください。

セミダブルの特徴

よりゆったり寝たい人、大柄な人などがお一人で寝るのに最適な幅と言えます。
一人でゆったり寝たい人にピッタリのサイズで、「ダブル」という言葉とは裏腹に大人二人では寝られない広さです。

小さな子供との添い寝ならちょうど良いサイズ感です。(ただし2~3歳の幼児期以降は少し厳しくなってきます。)

ダブルのサイズ感

ダブルのサイズ感

マットレスの幅が約140cmのベッドです。
一つ下のサイズはセミダブルで約120cm幅、一つ上だと約160cmのクイーンサイズ。
※モデルによって横幅が若干違ったりするので、外寸はしっかりご確認ください。

ダブルの特徴

大人二人用のサイズですが、夫婦どちらかの体型が大柄な場合、クイーンサイズのほうがゆとりを持って寝ることができます。
大人二人で寝る最低ラインのサイズと考えたほうが失敗も減るかもしれません。

ベッドに関してはダブルサイズまでが一般的に多く流通しており、ベッドフレーム・マットレス・カバーの種類などに関しては、クイーンよりダブルのほうが圧倒的に豊富です。

クイーンのサイズ感

クイーンのサイズ感

マットレスの幅が約160cmのベッドです。
クイーンサイズはダブルサイズより約20cm大きいサイズのベッドで、セミシングルを二台並べたサイズ感になります。
※モデルによって横幅が若干違ったりするので、外寸はしっかりご確認ください。

クイーンの特徴

クイーンベッドは夫婦で広々寝れるサイズ感。
ダブルでは物足りない夫婦や小さな子供と添い寝したい夫婦などに最適なサイズ感です。

ダブルはクイーンに比べ、お部屋のスペースをとらないという利点はありますが、寝やすさやゆとりを重視するならクイーンサイズがおすすめ。
日本ではクイーンサイズ以上の規格があまり流通していないため、カバー類の種類が少ない点がデメリットです。

クイーンサイズの場合、ベッドフレームはクイーンサイズでもマットレスの種類によって2枚に分かれる場合があります。

キングのサイズ感

キングのサイズ感

マットレスの幅が約180~200cmのベッドです。
単体ベッドの中で最も大きなサイズになります。
キングサイズはクイーンサイズより約20cm大きいサイズのベッドで、シングルを二台並べたサイズ感になります。
※モデルによって横幅が若干違ったりするので、外寸はしっかりご確認ください。

キングの特徴

クイーンサイズよりもさらに大きいサイズで、大人2人でもかなり余裕の広さです。
真ん中に子供一人でもまだ余裕、子供二人だと少し窮屈になってくるといったサイズ感です。

キングサイズの場合、ベッドフレームはキングサイズでもマットレスの種類によって2枚に分かれる場合がございます。

ロングベッドのサイズ感

ロングベッドのサイズ感

ロングベッドは、長さ約206cmのマットレスを合わせたベッド。
一般的なマットレスの長さは約195cmで、約11cmぐらい長くなっているのがロングベッドです。

ロングベッドの特徴

足が出る心配をせずリラックスして眠ることができるので、身長が180cm以上の人に特におすすめです。
もちろん180cmを超える人みんながロングベッドを使うべきというわけではありませんが、どうしても足が出て寒いという方や、足が出るのがイヤという長身の方におすすめです。

ロングベッドは長さがあるので、その分スペースをより使ってしまったり、夫婦でベッドを並べるときにズレるので、並べにくいという欠点もあります。
リネン類の種類の少なく、大変申し訳ありませんが、当店ではロングサイズのボックスシーツを取り扱うことができません。

ショートベッドのサイズ感

ショートベッドのサイズ感

ショートベッドは、長さが約180cmのマットレスを合わせたベッド。
一般的なマットレスの長さは195cmで、約15cmぐらい短くなっているのがショートベッドです。

ショートベッドの特徴

身長165cm以下の女性や子供におすすめ
通常よりも短く省スペース性が魅力です。

ただ、身長165cm未満でも、広いベッドで寝たいと考える人もいますし、手や腕を頭の上に組んだり伸ばしたりする人もいたりと、寝方は人それぞれなので、身長だけではなく総合的に考えることがポイントです。
ショートベッドは短くなっているので、夫婦でベッドを並べるときにズレるので、並べにくいという欠点もあります。

リネン類の種類が少ないデメリットがあります。
当店で取り扱っているショートベッド(ショートマットレス)には、付属でセットされているものも多くあります。

また、単品でも取り扱っております。
ショート丈リネン3点セットはこちら