Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

激安・格安!とにかく安いおすすめのベッド特集!

激安・格安!とにかく安いおすすめのベッド特集!

ベッドにお金をかけたくない!そんなあなたにピッタリ!

とにかく価格重視のベッドを紹介するページです。
「ベッドにお金をかけたくない!」
「ベッドは寝れればいい!」
という方にピッタリの激安ベッドを、タイプ別に紹介していきます。
ベッド王国なら多くの地域で送料も無料になっているので、通販ならではの安さをご実感いただけます。

使い勝手にも優れた高コスパフロアベッド

Breeze(ブリーズ)

Breeze(ブリーズ)

安さを求めるならこのモデルを外すわけにはいきません。
当店最安値級のフロアベッドで、確実に「激安」と呼べるレベルです。
とは言え、機能性がしっかりと考えられており、使いやすさ・丈夫さも併せ持っているモデル。
すのこ床板で湿気にも強く、総合力抜群の高コスパモデルです。
Breeze(ブリーズ)の詳細はこちらです
価格円~

ベッド王国でも人気上位の格安フロアベッド

Geluk(ヘルック)

Geluk(ヘルック)

とにかくコスパ最強クラスの激安フロアベッド。
もともと部材が少なく価格を抑えやすいフロアタイプのベッド。
さらに無駄をそぎ落として魅力的な価格になっております。
とは言え、シンプルで機能的なデザインからは全く安いベッドには見えません。
棚付きヘッドボードで使い勝手も良く、価格も合わせてコストパフォーマンスに優れたモデルです。
Geluk(ヘルック)の詳細はこちらです
価格円~

湿気に強い激安脚付きすのこベッド

Marone(マローネ)

Marone(マローネ)

脚付きベッドが好みならMarone(マローネ)が断然おすすめ!
ベッド下に収納ボックスを入れたり、何もない空間にすれば湿気対策にもなりますし、ロボット掃除機も楽々入っていけます。
床板はすのこなので、湿気がこもることもありません。
ヘッドボードが薄いパネルタイプなので省スペース性も高く、お部屋の空間を有効に使うことができます。
Marone(マローネ)の詳細はこちらです
価格

価格抑え目のシンプル収納ベッド

virzell(ヴィーゼル)

virzell(ヴィーゼル)

価格を抑えつつ「収納機能は外せない!」なら、virzell(ヴィーゼル)がおすすめ!
インテリアに合わせやすいシンプルなデザインの引き出し収納ベッドで、コンセント&棚付きヘッドボードの使い勝手も魅力のベッドです。
引き出しは左右どちらにも付けれるので、壁際に置いたり、家具の配置などにも融通が利きますよ。
よく使う小物はヘッドボードに置けるので、寝室がスッキリ整理されます。
virzell(ヴィーゼル)の詳細はこちらです
価格円~

激安パイプシングルベッド

Chess(チェス)

Chess(チェス)

材料費の安いパイプベッドを選べば、1万円以下でシングルベッドを選ぶことが可能。
変にあやのついてないシンプルな長方形なので、壁にピッタリ配置することができます。
また、丈夫なメッシュ床板にすることができるので、湿気対策もバッチリ。
マットレスの下から湿気が逃げやすく、掃除のしやすさも大きなポイントと言えそうですね。
Chess(チェス)の詳細はこちらです
価格

夫婦で寝れる格安ダブルベッド

Lucious(ルーシャス)

Lucious(ルーシャス)

夫婦で寝るダブルベッドはどうしても価格が上がってしまいますが、Lucious(ルーシャス)ならとってもお求めやすい価格になっております。
しかもダブルでは狭いという夫婦にもピッタリなクイーンサイズまで。
大きなダブルベッド・クイーンベッドを、驚くほど安く揃えることができます。
Lucious(ルーシャス)の詳細はこちらです
価格円~

家族で寝れる激安ファミリーベッド

Noie(ノイエ)

Noie(ノイエ)

小さな子供のいる家庭に人気なのが、ベッドを連結させて大きな一台のベッドにできる「ファミリーベッド」。
ベッド二台分なので価格は高くなりますが、そんな中でも激安なのがこちら。
子供に安心感のある高さや、ぶつけても痛くないウレタン張りフレームなど、こだわりがありつつ、国産でここまで価格を抑えている点が魅力です。
20分の簡単組み立てや2方向の照明など、使い勝手もいいですよ。
Noie(ノイエ)の詳細はこちらです
価格円~

激安ベッドのメリット・デメリット

ここでは激安・格安と呼べるベッドを紹介してきましたが、人によっては「安いとすぐ壊れるのでは…?」と考えている方もいると思います。
もちろん安いには安い理由があるので、販売者ながらそこは否定いたしません。
ただ、だからと言ってすぐ壊れるとか使い物にならないわけではありません。
多くの場合、安い理由は「耐久性」にあります。

素材や作りにかかるコストを抑え、さらにベッド王国のように通販にすることで中間マージンを抑えることで、驚くほどの安さを実現しております。
またベッド王国では、多くの地域で送料無料になっております。
他店を見た方は知っていると思いますが、ベッドのような大きな商品は、送料だけで数千円は平気で変わってしまいます。
そのような総合的な価格、トータルでの安さをご提供できれば嬉しく思います。

激安ベッドのメリット

激安ベッドのメリット、そんなの「安い」しかないのでは…と考えてはいけません。
よく考えると意外なメリットも浮かんでくるものです。
大きく分けて次の2点が大事です。

1.安い
2.予算をまわせる

一つずつ考えてみます。

安い

「安い」というのが最大のメリットですが、もう少し突っ込んで考えると「簡単に買い替えることができる」というメリットがあります。
ベッドは必ずしも「高価なものを一生使い続けるべき」というものではありません。
進学・就職・結婚・同居・新築…。
人生の分岐点はいくつもあり、その時々で暮らす環境が変わる可能性を秘めています。

そんな環境の変化に対応しやすいのが、激安ベッドの大きな特徴の一つ。
「せっかく買った高価なシングルベッド、2年間しか使ってないのに結婚を機に手放すことに…」
このようなことはよく起こりうる出来事ですよね。

そんな環境の変化の可能性を考え、今は高価なベッドは不要と考えたなら、このページで紹介しているような激安ベッドをおすすめします。
とくに若い人は環境の変化が多いので要注意です。

予算をまわせる

ベッドの寝心地の9割はマットレスが決めます。
そんなマットレスに予算をまわせるのも、激安ベッドの大きなメリット。

正直言いますと、フレームよりもマットレスのほうが高価です。
フレームはあくまでマットレスを乗せる台に過ぎず、マットレスに予算をまわせる激安ベッドは、視点を変えると非常に理にかなった選択と言えるんですね。

例えばベッドによく座る・腰掛けるという人は、ベッドの高さで満足度が変わります。
また、インテリアにこだわる人は、そのデザイン性で満足度が変わります。
それ以外の、純粋な「寝心地」だけを考えると、やはりマットレスに予算をまわすべきだと考えます。

激安ベッドのデメリット

激安ベッドのデメリットは、やはり作りのモロさにあります。
長期間使うというのが苦手で、逆に大事に使わなければいけない煩わしさがあります。
とは言え、すぐにフレームが折れたり割れたりするということではなく、長期間の耐久力があまりないということです。

しかしながら、これを逆手にとって数年ごとに新しいベッドにできると考えることもできます。
10万円のベッドを10年使うのと、2万円のベッドを10年で5回買い替えるのとでは、出ていくお金はいっしょですよね。
それなら2年ごとに新しいベッドにできるのも、また別の魅力があることに気が付きます。

激安だからと言って悪いことばかりではなく、その耐久力の低さをメリットに変えてあげるのが大事なポイントになります。
そうすればデメリットはなくなり、メリットはそのまま活かせるので、とても魅力的な選択肢になりますよね。

マットレスはいいものを選び、フレームだけを短いスパンで替えていくというのも、おすすめのベッドライフです。

新着商品

ページ先頭へ戻る