Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ベッド王国 トップ > 

クイーン

「クイーン」

クイーンサイズの設定があるベッドの一覧ページです。二人で広々寝れるサイズ感が魅力!マットレスが分かれるので寝返りの振動が伝わらないメリットも!夫婦や赤ちゃんのいる家庭におすすめ!

「クイーン」の商品一覧

クイーンサイズの特徴や注意点

クイーンサイズはダブルサイズより大きい「幅160~180cm」というサイズのベッドで、セミシングルを二台並べたサイズになります。
ダブルサイズの幅が約140cmなので、20cm以上大きいサイズ感になります。
モデルによって幅に差があるので、外寸をしっかりご確認ください。

クイーンサイズは、ダブルでは物足りない夫婦や小さな子供と添い寝したい夫婦などに最適なサイズ感です。
ダブルサイズは大人二人でいっぱいになり、けっして余裕のあるサイズとは言えません。
もちろんお部屋のスペースをとらないという利点はありますが、寝やすさやゆとりを重視するならクイーンサイズがおすすめ。
寝室の広さや体型などを考慮して決めると失敗も減ります。

クイーンサイズの注意点

日本ではクイーンサイズ以上の規格があまり流通しておりません。
日本人の体型や国土の狭さによる狭小住宅の多さなどが理由だと考えられますが、そのためカバー類の種類が少ないデメリットがあります。
多くのカバー類がシングル・セミダブル・ダブルまでになり、クイーンやさらに大きなキングサイズのカバーはあまりなく、好きなデザインを選べないデメリットがあります。
当店でも大き目のカバーを取り扱っておりますが、商品そのものの種類が少ないので販売できる種類も限られてしまいます。
コットン100%のベッドカバー
寒い冬にピッタリの暖か&大き目ベッドカバー

クイーンサイズの場合、マットレスが2枚に分かれる場合がございます。
それぞれ一長一短でどちらが優れているというものではありません。

1枚だと寝返りや起床時・就寝時の振動が伝わりやすいのが大きなデメリット。
就寝時間・起床時間などの生活習慣、性格、何人で寝るのか…といったことを熟考するのがおすすめです。
2枚に分かれていると真ん中に境目ができてしまい、特に子供の添い寝を考えている場合はデメリットが目立ってしまいます。
夫婦だけならそこまで気にならないです。

また、クイーンサイズのカテゴリーには、ジョイントできるベッドも併せて記載しております。
基本サイズのフレームを二台金具で連結できるベッドで、最大280cm幅まで大きくすることができます。
セミシングルサイズを二台連結することでクイーンサイズにすることもできますので、合わせてご検討ください。

「クイーン」の人気商品 TOP5

新着商品

ページ先頭へ戻る