Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

「キング」

キングサイズの設定があるベッドのカテゴリーです。サイズは幅が約180~200cmの大きなベッドになります。フレームが一つの、純粋なキングサイズのベッドフレームと、ベッドフレーム2台を金具で連結してキングサイズにするキングベッドに大別されます。フレームが一つでもマットレスが2枚に分かれていたりすることが多いのでご注意ください。クイーンサイズよりもさらに大きいサイズで、大人2人はかなり余裕の広さ、真ん中に子供一人でもまだ余裕、子供二人だと少し窮屈といったサイズ感です。

「キング」の商品一覧

キングサイズベッドの特徴

キングサイズは単体ベッドの中で最も大きなサイズになります。
幅は約180~200cmになり、大人二人で悠々と寝ることができるサイズです。
小さな子供との添い寝もサイズ的に十分あります。

シングルサイズが約90~100cmなので、キングサイズはおよそシングル二台分の幅ということになります。
シングルサイズのベッドはイメージしやすいと思うので、それを二台並べた幅がキングサイズのイメージということですね。

ちなみにクイーンサイズと混同したりする場合が多いのでご注意。クイーンサイズは、幅が約160cm。こちらはセミシングルサイズを2台並べたサイズ感になります。

キングサイズが置ける寝室

シングルサイズ二台を置けるお部屋なら置くことは問題ありません。
最も多い洋室6畳は約「360cm×270cm」になり、キングサイズのベッドは「幅200cm×一般的な長さ210cm」なので置くことは問題なくできます。
ただ注意したいのが、ベランダや窓への導線・クローゼットや出入り口のドアの開閉スペース…などを確保できるかという点。

6畳だと設置することはできますが、ベッド以外の家具を置くのは難しくなります。
タンスや鏡台などを置く場合は8畳以上の広さが望ましいと言えます。
ただモデルによって同じ「キングサイズ表記」でも、幅が180cmだったり200cmだったりするので、外寸はしっかりご確認ください。

キングサイズで注意する点

キングサイズの場合、マットレスの種類によって1枚ではなく2枚に分かれる場合も多くあります。
ベッドフレームはキングサイズですが、マットレスは必ずしも1枚とは言えないのでご注意ください。
ただ、1枚でも2枚に分かれていても一長一短でどちらが優れているということはありません。

1枚の場合、真ん中に継ぎ目がなくゴロゴロ転がっても違和感がないのがメリット。
もし真ん中に子供を寝せるといった場合、2枚に分かれるマットレスだとデメリットが目立ってしまいます。
大きなベッドパッドやシーツをかけることで改善されます。
大き目のベッドカバーはこちら!
コットン100%のベッドカバー
寒い冬にピッタリの暖か&大き目ベッドカバー

1枚のデメリットは寝返りや就寝・起床時の揺れがダイレクトに伝わってしまうこと。
2枚に分かれていれば振動が伝わりにくいのですが、1枚だとどうしても伝わりやすく、性格的な問題や生活習慣などを考慮するのがおすすめです。
また、キングサイズのカバー類の種類が少ないので、好きなデザインを選びにくいのもデメリットと言えます。

2枚に分かれている場合は、前述の通り真ん中に継ぎ目があるかどうかや、振動の伝わりやすさがポイントです。
他には、マットレスのメンテナンスのしやすさなども違います。

また、当店ではキングサイズのカテゴリーに「ジョイントできるベッド」も併せて掲載しております。
二台の基本サイズを金具でジョイントできるベッドで、最大280cmという大きなベッドを可能にしております。
もちろんシングルを二台ジョイントさせることでキングサイズにもなります。
合わせてご検討ください。

「キング」の人気商品 TOP5

新着商品

ページ先頭へ戻る