Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ベッド王国 トップ > 

棚付きベッド

「棚付きベッド」

棚付きヘッドボードのついたベッドのカテゴリーです。寝る直前に読みかけの本やメガネをポンッと置くことができ、目覚まし時計や飾りなども置くことができます!使いやすさを左右する大事な要素です!

「棚付きベッド」の商品一覧

棚付きヘッドボードの特徴

ヘッドボードとはベッドの頭の部分のことで、棚付きになっていたり、パネルになっていたり、ヘッドボードがないベッドもあります。
デザイン的にも使い勝手にも影響し、どちらが良いという基準はありません。
ただどのように使うのか環境によって向き不向きがあります。

棚付きヘッドボードの魅力は、やはりベッド周りに置きたい小物をまとめて置ける点にあります。
目覚まし時計・メガネ・読みかけの本・グラス・時計・ティッシュ・スマホ…。
寝る前の習慣などによって必要な場合と不要な場合に分かれます。

例えばベッドは寝るだけという方なら、特に必要はないかもしれません。
寝る前は必ず本を読むという方なら、ぜひあって欲しい機能ですよね。
寝る前にスマホを見る人もできればあったほうがいいですし、そもそもティッシュなどはいつも近くにあって欲しいものですよね。

棚付きヘッドボードのデメリットはスペースをとってしまうことです。
ベッドの長さが最低でも10cm前後は長くなってしまい、多くは20cmぐらいの奥行きになっています。
お部屋のスペースに大きな制限があるなら、パネルタイプやヘッドボードのないタイプを選択するほうが良い場合もあります。
もしクリップライトを使いたい場合は、ヘッドレスだと付けれないので、パネルタイプのヘッドボードがおすすめです。
スタンド式のライトなら棚付きヘッドボードが必須で、できればコンセント付きになっていると便利です。

棚付きヘッドボードのもう一つのデメリットは、高さが出てしまう点。
ベッドの中で最も高い部分なので「ヘッドレス⇒パネルタイプ⇒棚付きヘッドボード」の順にお部屋に圧迫感が出ます。
寝るだけの寝室ならそこまで気にならなくても、ワンルームや実家の場合、そこでテレビを見たりパソコンを使ったりしますよね。
床生活がメインの人にとっては、やや気になる場合もあります。
床にはあまり座らずソファーやチェアがメインの人はそこまで気にならないと思います。

「棚付きベッド」の人気商品 TOP5

新着商品

ページ先頭へ戻る