Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ベッド王国 トップ > 

布団で寝れるベッド

「布団で寝れるベッド」

布団で寝れるベッドの一覧ページです。ベッドは基本的にスプリングマットレスが前提ですが、丈夫な作りのベッドは布団で寝ることもできます。布団で寝れるすのこ仕様のベッドもあります!

「布団で寝れるベッド」の商品一覧

布団で寝れるベッドの特徴

ベッドは欧米から伝わり根付いた文化ですので、基本的には日本独自の文化である「布団」ではなくベッド用のマットレスを使うのが一般的です。
でも床が寒い、起き上がるのが大変、布団の上げ下げが大変…といった理由で、ベッドに布団を敷いて寝たいと考える人も少なくありません。

また、今まで床に布団を敷いて寝ていた人にとっては、ベッド用のスプリングマットレスが柔らかすぎて寝にくかったり、高くて何となく落ち着かなかったりすることもありますよね。
そんな時はベッドに布団を敷くことで改善されます。

ベッドに布団を敷いて寝るメリットは、上記の通り起き上がりやすいことや、布団の上げ下げをしなくても良い点があります。
通気性の良い床板になっていれば湿気も逃げやすく、高さがあるので立つ時のエネルギーが少なくて済みます。
特に足腰の悪い方にはメリットが多くなります。

また、腰痛で朝起きたら腰が痛いという方は、マットレスが柔らかすぎることも考えられます。
床に布団寝だと起き上がるときに痛めることもあるので、ベッドのように高さがあり、なおかつ床のような硬さがあると腰への負担が減ります。
腰痛のためだけに作られたマットレス「モットン」もおすすめです。

洋室で布団寝したい人にとっても大きなメリットになります。
洋室には布団を収納できる押入れがなく、奥行きのないクローゼットがメインになりますよね。
布団を収納できないので、上げ下げの必要性が少ないベッドなら問題を解決することができます。

デメリットとしては場所を使ってしまう点にあります。
布団をあげない代わりにその場所を占領することになり、お部屋が狭くなってしまいます。
ただ、そもそもベッド用マットレスでもそれは同じことなので、床に布団を敷くことと比較した場合のデメリットになります。

硬さをデメリットに感じる方にとっては良い寝方とは言えません。
人によっては煎餅布団が寝やすいと感じる人もいます。
柔らかい寝床が好きな人にとってはデメリット以外の何ものでもありません。

※畳ベッドは基本的に布団を敷いて寝るのが一般的です。

ストーゲン

↑丈夫なすのこなら布団で寝ることも問題ありません。
多くの敷布団はスプリングマットレスより通気性が良くないので、すのこの特徴が活かされます。

デイズ

↑フレームに高さがあっても厚みのない敷布団なら高さを抑えることができます。
床に寝るより起き上がりやすく、ほこりの影響が少ないのがメリットです。

イーゴ

↑スタイリッシュなモダンデザインのベッドでも布団は問題なく溶け込みます。
ローベッドなら圧迫感もなく開放的でリラックスできる寝室になります。

プライムヒルズ

↑フロアタイプで布団寝できるモデルも。
床で寝るスタイルの延長になり、初めてのベッドにもおすすめ。

ロレッタ

↑女性向けのキュートなすのこベッド。
ホワイトウォッシュの色合いや丸みを帯びたデザインが可愛いフレンチカントリー風ベッドです。

余凪

↑畳ベッドは布団寝が基本。
布団をあげれば小さな小上がりになります。
洋室に和のモダンな雰囲気を取り入れるのもおしゃれですね。

「布団で寝れるベッド」の人気商品 TOP5

新着商品

ページ先頭へ戻る