Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ベッド王国 トップ > 

家族全員で寝れるベッド

「家族全員で寝れるベッド」

家族全員で寝れるベッドの一覧です。家族全員だとダブルサイズではキツイので、クイーンサイズ以上のサイズのベッドを集めています。ジョイントできるベッドなら最大280cmの大きさにすることもでき、5人家族でもみんなで寝ることができます!後々は夫婦で使うという可能性も想定して、デザインは考慮せず大きなベッドだけを掲載しております。

「家族全員で寝れるベッド」の商品一覧

家族全員で寝れるベッドの特徴

家族で寝れるベッドは、クイーンサイズ以上である必要があります。
ダブルベッド(140cm幅)では小さな子供との添い寝も難しいサイズで、あまり狭い状態で寝ると子供を潰してしまったり、手や肘が顔にぶつかったりといったことも。

三人家族ならクイーン(160cm幅)以上、四人家族ならキング(180cm幅)以上がおすすめです。
広いベッドのほうが寝やすいのはもちろんですが、寝室のスペースにも大きく左右されるので、ちょうど良いサイズ感を探すことが大事です。

クイーン・キングよりも広くできるのがジョイントできるベッド
基本サイズを金具で連結することで、最大280cm幅まで広げることができます。
五人家族でも全員で寝れる大きなベッドを形成することが可能です。

乳児といっしょなら転落の危険がないフロアタイプ、園児の場合は大きなベッドのデメリットを解消する連結収納ベッド、後々は夫婦で使う前提でおしゃれなクイーンベッド…。
考え方はいろいろあり、どのようなスタンスにするのかを家族でしっかり熟考することが大事です。
連結タイプは別々のベッドとして使うこともできるので、子供に与えたり夫婦がそれぞれ使うという使い方もできます。

大きなベッドは、フレームが一つでもマットレスが分かれていることも多いのですが、下の画像のような大き目のボックスシーツをかけると一体感がでます。

大き目のボックスシーツ

ただ、マットレスが分かれているのは寝返りの振動が伝わりにくいというメリットにも繋がり、家族全員で寝るベッドと言えども、必ずしもデメリットとは言えません。
2枚のマットレスを一枚のシーツで囲うことで、振動がやや伝わりやすくなります。
総合的には一長一短な側面もあるので、まずは別々で寝てみて気になるようならまとめてカバーをかけるといった順番がおすすめです。

「家族全員で寝れるベッド」の人気商品 TOP5

新着商品

ページ先頭へ戻る