Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

「ダブル」

ダブルサイズの設定があるベッドのカテゴリーです。夫婦やカップルで寝るのにピッタリなサイズ!どちらかが大柄だとちょっときついかもしれないので要注意です。

形状で絞り込む
ダブル+脚付きベッド
ダブル+フロアベッド
ダブル+収納ベッド

「ダブル」の商品一覧

ダブルサイズの特徴

ダブルサイズは約140cmという幅になります。
大人二人用のサイズですが、ゆとりをもって二人で寝れるかは体型によっても大きく左右されます。
大人二人で寝る最低ラインのサイズと考えたほうが失敗も減るかもしれません。
一つ下のサイズはセミダブルで約120cm幅、一つ上だとクイーンサイズになり約160cm幅。
夫婦どちらかの体型が良い場合、クイーンサイズのほうがゆとりを持って寝ることができます。

ただ、ベッドに関してはダブルサイズまでが一般的に多く流通しており、ベッドフレーム・マットレス・カバーの種類などに関しては、クイーンよりダブルのほうが圧倒的に豊富です。
好みのものがあるかという観点で考えることも重要かもしれません。

ダブルベッドはやはり夫婦で使う人が圧倒的に多いですが、もし新婚さんなら赤ちゃんの添い寝などを考慮することも。
夫婦二人だけのうちはダブルベッドで、赤ちゃんが生まれて添い寝が必要になったら、シングルを足して夫が、ダブルには妻と赤ちゃんが、といった流れも多いです。
ただしあらかじめ寝室の広さなどを考えておく必要はあります。

夫婦だけの場合、ダブルベッドを選択するかの基準は次のような点が考えられます。
・寝室のスペース
・体型
・寝る時間
・起きる時間
・性格
・腰痛の有無

ダブルの幅は約140cm、クイーンの幅は約160cm、シングル二台だと約200cm。
ゆとりがあるのはシングル二台ですが、その分スペースを使ってしまうのも当然と言えば当然。
また、体型もやっぱり考慮すべきです。
細身同士の夫婦ならダブルでもいいかもしれませんが、どちらか、またはどちらも大柄な場合は、クイーンサイズやシングル二台も視野に入れるべきです。
キングサイズやセミダブル二台という選択肢も特に珍しいことではありません。

いくら夫婦と言えども、寝る時間や起きる時間が必ずしも同じではないですよね。
ベッド一台だとどうしても振動が伝わってしまい、相手を起こしてしまいます。
また、寝返りの振動も確実に伝わります。
神経質な性格の人や絶対に起こされたくないと考える人は、ベッドを分ける方がおすすめです。
ベッドが一台でもマットレスが分かれていれば多少は改善されますが、カバーで繋がっていれば振動は伝わりやすいです。

ベッドフレームが一台の場合、マットレスを別に用意できるかというのも大きなポイント。
特に腰痛気味の方とそうじゃない方が同じマットレスで寝るのは、腰痛気味の方に大きく負担をかけてしまいます。
腰痛を悪化させないためには、ある程度硬めのマットレスがおすすめ。
お互い硬めが好き、お互い柔らかめが好きというなら問題はありませんが、そうじゃない場合は専用のマットレスを用意するほうがいいです。

このようなことを夫婦で話し合うことで、サイズ選びの失敗はグッと減ります。
ダブルにすべきか、それともクイーンやキングにするか。
はたまたシングルやセミダブルを二台並べるか。
正解はなく、いかに自分たちの生活スタイルに合うかを考えるのが大事です。

ベッドフレームを分けるなら「二台隙間なく並ぶベッド」も参考にしてください。

「ダブル」の人気商品 TOP5

新着商品

ページ先頭へ戻る