Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ベッド王国 トップ > 

すのこベッドフレーム

「すのこベッドフレーム」

床板がすのこ仕様のベッドの一覧ページです。湿気対策の基本はすのこの床板から!寝ているときの汗がスッと逃げてくれます。マットレスにカビが生えてくるのを抑えることができ、高価でお気に入りのマットレスを長く愛用することができます!

サイズ・種類で絞り込む
すのこ仕様+シングル
すのこ仕様+セミダブル
すのこ仕様+ダブル
すのこ仕様+クイーン
すのこ仕様+二段ベッド

「すのこベッドフレーム」の商品一覧

すのこ仕様ベッドの特徴

すのこ仕様ベッドの最大のメリットは通気性の良さです。
日本は先進諸国の中でも群を抜いて湿度の高い国。 ベッドは欧米から伝わったものですが、すのこは日本独自のもので、まさに日本の気候に合わせて作られた形状のベッドと言えます。

床板がすのこになっていると、寝ているときにかいた汗が重力に従ってマットレスに行き、その湿気をスッとベッド下に逃がすことができます。
お部屋の元々の湿気はベッドの周囲全体にありますが、寝汗による湿気のほとんどはマットレスに方向に進みます。
ですのでベッド周りで最もカビが生えやすい部分は「マットレスの裏と床板」です。
その部分の湿気をスムーズに逃がしてくれるのがすのこ床板の大きな役目です。

すのこ床板のデメリットは強度が弱い点と、通気性によるデメリット、つまり寒いという点。
強度に関してはすきまを作る以上、確実に弱くなります。
ベッド用マットレスを使えば荷重が広範囲に分散されるので問題ありませんが、布団を敷いて寝ると割れやすくなります。
厚みを出したり隙間を減らすなどの工夫をして、布団で寝ることのできるすのこベッドもあります。

通気性の良さは容易にイメージできると思いますが、それに伴い冬はやや寒いというデメリットも。
メリットの裏返しであり、室温によってはそのように感じない場合もあります。
室温が低く布団の温かみで寝る環境だと、マットレスの下から冷気が入りやすい構造と言えます。
室温がそれなりにある場合は、そこまで寒く感じることはありません。
そもそも湿気があるほうが冷たくなりやすいので「通気性が良い=寒い」と一概には言えません。

ただ、夏場より実は冬のほうが湿度が高くなる傾向にあるのも事実。
夏と違って窓を開けない冬は湿気の逃げ道がなくなり、乾燥対策やウイルス対策にと加湿器を付けたりします。
布団の重ね着で汗の量も夏場と同等。
冬は乾燥する季節なのでつい見逃しがちですが、冬の寝室は思っている以上に湿度が高いので要注意です。

ストーゲン

↑いかにも通気性の良さそうな典型的なすのこベッド。
マットレスの湿気を下方向はもちろん、前後左右にも逃がします。
ヘッドボードの隙間は大きなポイントで、汗をかきやすい頭部周辺の湿気もバッチリです。

フィウーメ

↑すのこ仕様のヘッドレスベッド。
シンプルなほど湿気はスムーズに逃げやすく、湿気に強い総桐すのこ。
布団寝もOKな丈夫さも魅力です。

マローネ

↑こちらもシンプルなパネルヘッドボードのすのこベッド。
余計な飾りもないのでお値打ち価格になってる点も大きな魅力です。

ハーゲン

↑当店で大人気の脚付きベッド「ハーゲン」。
スタイリッシュなデザインですが、人気の裏には使い勝手の良いすのこ床板という特徴も。
日本においてはすのこはできればあったほうが良い機能と言えます。

ゲオルグ

↑通気性の良くないフロアベッドも、すのこ床板にすることで通気性を改善できます。
持ち前のスタイリッシュさに快適性も加わり、カビの発生を抑えてくれます。

エアライズ

↑床に布団を敷いて寝ている人は、すのこを一枚挟むだけで通気性がグッとよくなります。
特にフローリングのお部屋に直に布団を敷くとカビの大きな原因に。
簡単に布団干しになるすのこベッドを使えば、布団をあげる手間が省け、ついでに布団をしっかり乾燥させることができます。

「すのこベッドフレーム」の人気商品 TOP5

新着商品

ページ先頭へ戻る