「新ショート丈 脚付きマットレス」を購入する際に気を付けるべきポイント

新ショート丈 脚付きマットレス

コンパクトで使い勝手の良いベッドとして、最近は脚付きマットレスが人気です。

大きさ・重量ともに一般的なベッドよりも小さく、省スペース性や移動の楽さなどが人気の秘密。

そんな脚付きマットレスの中で「長さが短い」というサイズ感で人気なのが「新ショート丈 脚付きマットレス」。

ヘッドボードも付いてないので、ベッド自体の長さがたった180cmしかありません。

ここでは「新ショート丈 脚付きマットレス」を購入する際のポイントをまとめてみようと思います。

「新ショート丈 脚付きマットレス」の特徴

「新ショート丈 脚付きマットレス」には二つの大きな特徴が組み合わさっています。

「脚付きマットレス」という形状と「ショート丈」というサイズ感ですね(そのままですが…)。

どちらも多く普及していないタイプになり、それらが組み合わさっている希少性の高いベッドと言えます。

マットレスの長さがそのままベッドの長さになり、全長はたったの180cmしかありません。

では短い丈のベッドは、どのくらいの身長の人に向いているのでしょうか。

ショート丈がおすすめな人

特に決まりはありませんが、当店では独自に「身長165cm未満」の人におすすめしております。

その理由は、一般的なサイズのマットレスを基準に考えると165cmという数字が見えてくるからです。

一般的な長さのマットレスは概ね195cmというサイズになっています。

ショート・ロングを気にしなければ、多くがその長さになっているんですね。

その一般的なサイズのマットレスに身長190cmの人が寝れるでしょうか。

もちろんサイズ的には可能ですよね。

でもゆとりが全くなく、おそらく足が飛び出して寝ることになるでしょう。

人間にとって足よりも頭のほうが大事なので、無意識に頭のほうにゆとりをもたせたいと考え、必ずスペースを空けたくなるのです。

足がぶつかるのはあまり気にしなくとも、頭がぶつかることは無意識に避けようとするんですね。

では一般的なサイズのマットレスには、身長何センチくらいの人だと余裕をもって寝れるでしょうか。

当店では「180cm」を一つの基準として考えております。

身長が180cmを越えるとちょっと寝にくい可能性が出てくるということですね。

その差が15cm。

これをショート丈に換算した場合、身長165cmの人がギリギリラインに当てはまるというわけです。

もちろんこれはオススメの数字であり、身長170cmだけど気にならないという人もいるでしょう。

165cmという数字は、それ以下の人だとほとんどが問題なく寝れると想定される身長であり、それ以上だと寝にくいと感じる人が出てくる可能性があると考えての基準です。

シングルとセミシングル

「新ショート丈 脚付きマットレス」にはサイズ(幅)が2種類ございます。

シングルは一般的に大人一人用とされるサイズ。

細身~一般体型の人におすすめのサイズです。

シングルはほとんどの人が迷うことはないですよね。

問題はもう一つのサイズ「セミシングル」にあります。

セミシングルが向いてる人

セミシングルは幅が80cmになっております。

これは細身の人や子供に最適なサイズと言えます。

あまりゆとりをもって寝れないかもしれませんが、大きなポイントはコンパクトさ・省スペース性に。

例えば女性の一人暮らしでワンルームの場合、大きなベッドは置けない可能性もあります。

また、成長途上の子供にとってはセミシングルでも十分な場合も多く、スペースを有効に使えるというメリットのほうが大きいことも。

そのような場合はセミシングルがオススメです。

ただし「大は小を兼ねる」ということわざがあるように、セミシングルを広くすることはできません。

じっくり検討して幅が問題ないかを確認する必要があります。

もし可能なら、タオル等で土手を作って寝てみるのもオススメです。

※当店ではシングルとセミシングルでは価格差が2,000円しかありませんので、価格はさほど気にすることはありません。

マットレスの種類

今度は「脚付きマットレス」という特徴に焦点を当ててみます。

脚付きマットレスは手軽さ・身軽さが魅力ですが、マットレスがベッドと一体化しているので、マットレスだけを取り替えることができない弱点があります。

寝心地がイマイチだからと言って、普通のベッドのようにマットレスだけを交換できないので、より固さなどを慎重に選ぶ必要があります。

「新ショート丈 脚付きマットレス」には3タイプのマットレスが設定されております。

国産ポケットコイル

最もグレードの高いマットレスタイプです。

しっかりした寝心地と丈夫な作りが魅力で、日本の老舗マットレスメーカーにて製造されております。

日本製という安心感はもちろん、長く使いたい人や体重が重めの人にもおすすめです。

国産ポケットコイルだけ脚が太く設定されており、他が6本脚なのに対し4本脚になっております。

ポケットコイル

寝心地の良さと価格のバランスが良いオススメのグレード。

体圧分散性に優れたポケットコイルにより優しい寝心地を実現。

ふんわりした寝心地が好きな人には特にオススメです。

腰痛を患っている人だと柔らかすぎておすすめできませんのでご注意を。

コイルが独立しているので、寝返りしても横揺れしないのも大きな特徴です。

ボンネルコイル

最も安価ですが、寝心地が悪いからという理由ではありません。

コイルが連結されているので固めのセッティングですが、沈み込む感じが苦手な人には逆に向いています。

ポケットコイルは一つずつコイルを不織布に包むので、不織布の材料費に加え工程が一つ増えることにより価格が上がってしまいます。

ボンネルコイルが安いのではなくポケットコイルが相対的に高くなってしまうのです。

ボンネルコイルは不織布に包まれてませんので、通気性が良いメリットがあります。

固さにさほど神経質になる必要のない子供の場合、通気性の良さも大事な要素になってきますよね。

子供は汗を多くかくのでなおさらです。

脚の長さ

脚の長さは15cm・22cm・30cmの3種類から選ぶことができます。

脚の長さはベッド下をどのように使いたいかによって決めるのがおすすめ。

収納ボックスなどをベッド下に置きたいと考えているなら、置きたい収納ボックスの高さを測り、そのサイズに合う高さを選ぶのが賢い方法です。

脚が15cmでも30cmでも、しっかりとした空間が確保されているので、通気性には大きな差はありません。

もし湿気を気にするなら、ベッド下をあえて空けておくことが重要です。

空気が通るようにすることで湿気を効率よく分散でき、カビなどを抑えることができます。

寝心地も脚の長さで感じ方が若干変わるかもしれません。

マットレスの厚みは3種類とも約21cmなので「脚の長さ+21cm」が寝る面の高さになります。

例えば今まで床に布団を敷いて寝ていた人なら、脚が15cmのほうが違和感なくベッドに慣れることができます。

逆に今まで別の一般的な高さのベッドで寝ていた人なら、15cmの脚では低く感じるかもしれません。

そこまで極端に違いはありませんが、多少は考慮すべきポイントですよね。

まとめ

「新ショート丈 脚付きマットレス」は総じて小柄な人に向いているベッドです。

大きなベッドが必要なく、それでいて省スペースを意識している方に特にオススメ。

ご購入の際は「マットレスの種類」「サイズ」「カバーの色」「脚の長さ」の4点をお決めいただく必要があります。

カバーはセットになってますが、別売りもしております。

洗い替え用や季節によって変えるなど、予備として別途ご用意していただくのもオススメです。

「新ショート丈 脚付きマットレス」はこちらです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ