引き出し収納ベッドの選び方 3つの大事なポイント

引き出し収納ベッドの選び方 3つの大事なポイント

引き出し収納ベッドは、昔から変わらず人気の高い収納ベッド。
手軽で馴染みやすい「引き出し」という形状が、やっぱり使いやすくてなんだか落ち着きます。

でも引き出し付きは種類も多く、どういう基準で選べばいいのか悩んでしまいますよね。
せっかくの収納スペースなのに、使いにくかったらとっても残念です。

そこでここでは、引き出し収納ベッドの選び方をご紹介します。
ここで言うところの「引き出し収納ベッド」は、ショップの基準と同じく引き出しが一段のベッド。
引き出しが二段になっているチェストベッドは入れないで考えてみます。

引き出し付きを選ぶ大事な3つのポイント

選びやすくするには、基準を作ることが大事。
そこでぼくがオススメする3つの基準を紹介します。
これだけで選択肢がグッと絞れるはずです。

  1. 構造
  2. 引き出しの大きさ
  3. ヘッドボード

一つずつ考えてみます。

構造

ベッド王国で取り扱っている引き出し付きベッドの構造は、大きく分けて2タイプがあります。
いろいろ比較してみますが、あくまでもその2タイプだけを比較したものです。

一つ目は「BOX構造」と呼ばれるもので、引き出し部が独立した作りになっています。

BOX構造の引き出し

BOX構造の引き出し

それ単体で引き出し収納として使えるような状態で、それをフレームに固定して使います。
BOX構造はメリットが非常に多いのが特徴。

まず周囲がしっかり囲まれているので、マットレスや寝具などによるホコリの侵入を大幅に防いでくれます。
また、独立したしっかりとした作りなので非常に丈夫で、キシミなどにも強くなります。
引き出し部分は完成品でのお届けになるので、組立が楽になるメリットも。
スライドレール式の引き出しになる場合が多く、開閉がスムーズで、出し入れがしやすいというのも大きなメリットです。
収納スペースの高さを有効に使えるというメリットもありますね。

デメリットは、しっかり囲まれているので湿気が逃げにくいです。
収納ベッドは、収納スペースに湿気が行きにくい構造になってはいますが、裏を返せばこもった湿気が逃げにくいとも言えます。
価格がやや上がってしまうのもデメリットですね。

一般的な引き出し

一般的な引き出し

もう一つは、いわゆる一般的な構造。
ベッドフレームが主役で、その一部に引き出しを取り付けるというものですね。
それ単体では機能せず、ベッドフレームと一体になっています。

こちらのメリットは、価格を抑えることができるのが一番。
しかしながらそれ以外に目立ったメリットがないのが残念なところ。
湿気は逃げやすいと言えますが、入り込みやすいとも言え、メリットにはなりません。

デメリットはBOX構造の反対と言えます。
強度的にあまり丈夫じゃなく、ホコリが侵入しやすい。
サイドフレームを必要とするので収納スペースの高さが制限され、出し入れもBOX構造のほうがスムーズです。

やはり金額を抑えることができるという点が最大のウリで、値段と品質のどちらに重きを置くかによって決めるのがおすすめです。

⇒「引き出し付きベッドのデメリットは「湿気」と「カビ」!」も参考にしてください。

引き出しの大きさ

引き出しは使いやすさを考え、奥行きが35cm前後になっているものがほとんど。
それがベッドの長さの分だけあるのですが、引き出しが何杯に分かれているのかという点が重要です。
多くは2杯か3杯になっています。
※一般的な構造の引き出し収納ベッドは強度の関係で、多くが2杯になっています。

2杯の引き出し

2杯の引き出し

例えばこちらは2杯の引き出し収納。
それぞれが広くなるので、より大きな物を収納できますね。
そのかわり、細かい物はひと工夫して収納しないと中でグチャグチャになってしまうかもしれません。

3杯の引き出し

3杯の引き出し

こちらは3杯の引き出し。
細かく分類して収納したいなら、こっちのほうがおすすめ。
仕切りが増えるのは、大きな物が収納できない分、小分けに整理整頓しやすいという利点につながります。

ヘッドボード

引き出し収納だけに関連性があるわけではなく、どんなベッドを選ぶ際も考えるべきなのがヘッドボード。
ベッドの顔に当たる部分で、その機能性やデザインによって使い勝手や見た目が大きく変わります。
ヘッドボードのないヘッドレスベッドもあります。

広々したヘッドボード

広々したヘッドボード

ヘッドボードは小物を置くことがメインの役割。
でもベッドは寝るだけじゃなく、お休み前30分くらいを過ごす場所でもあります。
ソファ代わりに座ってテレビを見たり、寝転がって本を読んだり、本当に様々な使い方がありますよね。

そういういろんな使い方をする人は、広々したヘッドボードが向いています。
例えば寝るときに置く物、メガネや目覚まし時計といった小物がメインになります。
でもいろんな使い方をするなら、ジュースを置ける、ティッシュも置ける、雑誌も収納できる、タブレットまで置ける…といった広さがあると、もっとベッドが好きになります。

もちろん広いヘッドボードは、物がいっぱい置ける反面、スペースを使ってしまうデメリットがあります。
なので、むやみやたらに広ければいいというものではありませんが、あなたの使い方にピッタリの広さが「広々ヘッドボード」だとしたら、やっぱり省スペース性は我慢して広いタイプをおすすめします。

スリムなヘッドボード

スリムなヘッドボード

薄くてスリムなヘッドボードは、小物を置くスペース・ベッド自体の大きさ・デザイン性の3つのバランスがとれた人気デザイン。
スリムと言っても、ベッド周りで置きたい小物を置ける最小限のスペースを確保しており、広々はしていませんが、しっかりその役目を果たすことができます。
省スペース性も当然高く、見た目にもスタイリッシュな雰囲気になります。

また、案外役に立つのが、頭の部分を壁に付けれないとき。
何となく寝る時って、頭の部分に壁があったほうが落ち着くものですよね。
頭の方向が何もない空間だと、意外と落ち着かないはず。

そんな時でもスリムなヘッドボードが付いてると、配置の自由度が増しますね。
背面化粧仕上げになっていたら、上手く仕切りとしても使えます。
特に模様替えが好きな人は、バリエーションが増えるので「スリム×背面化粧タイプ」が向いています。

ヘッドレス

思い切ってヘッドボードを無くしてしまうスタイルですね。
一番の魅力は省スペース性。
ヘッドボードがないので長さが短くなり、また、ベッドの中で一番高さのある部分がないので、ものすごくスッキリした空間になります。

ただ一番重要なのは、ヘッドレスタイプの引き出し収納ベッドは非常に種類が少ないです。
引き出しが二段になったチェストベッドはあるのですが、引き出し一段タイプ×ヘッドレスのベッドが本当に少ないのが現状。

ヘッドボードを無くすと全高が抑えられ、引き出しを二段にしたときの高さというデメリットが解消されるので、チェストベッドに多いのかも…。
引き出し一段でヘッドレスのベッドがあれば、即入荷したいと思います。
ということで、引き出し+ヘッドレスをお考えの場合は、チェストベッドからどうぞ。

ヘッドボードのその他の特徴

ヘッドボードは広さ以外にも、様々な要素があります。
照明のありなし、コンセントのありなし…などは、大事なポイントにされている人も多いはず。

またベッドで一番目につく場所なので、デザイン性も大事。
照明の位置や形状・曲線を取り入れたデザイン・スリット状の風の通り道を付けたデザイン・斜めカットしたシャープなデザイン…。色味と合わせてインテリアの雰囲気を決める要素なので、使い勝手はもちろん、デザインも熟考するのがおすすめです。

Aloa(アロア)
↑Aloa(アロア)

Luar(ルアール)
↑Luar(ルアール)

まとめ

引き出し収納ベッドの選び方を、3つのポイントに分けて紹介してきました。
まずは構造。
品質重視ならBOX構造、価格重視なら一般的な引き出し。

次は引き出しのサイズ。
小分けに収納したいなら3杯、少し大き目の引き出しがいいなら2杯の引き出しを選ぶのがおすすめ。
一般的な構造の引き出しは、多くが2杯になっております。

最後に好みのヘッドボードを考えて決める。
実はこの3つのポイントは、順番も大事。
このような順序で考えることで、候補をどんどん絞っていくことができます。

またヘッドボードを考えるのと同時に、他の付加価値も合わせて考えるのがおすすめ。
数は少ないですが、ショート丈やロング丈といったものもあります。
設定のある色もモデルごとに変わってきますし、クイーンやキングサイズといった大きなベッドや、セミシングルという細身のベッドも。

ここまで考えて決めたベッドなら、必ずあなたのお気に入りになってくれるはず。
ぜひ、引き出し収納ベッドで、お気に入りの「スッキリしたお部屋」を実現させてくださいね!

引き出し付きベッド一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ