夫婦で使いやすいベッドのサイズ 2つのポイント

夫婦で使いやすいベッドのサイズ 2つのポイント

夫婦の寝室で使うベッド、サイズをどうしようと悩んではいないでしょうか。
最もシンプルなのはダブルベッドかもしれません。
でも夫婦だからといって、必ずしも一台のベッドで寝なければいけないわけではありませんよね。

そこでここでは、夫婦で使うベッドのサイズ感やパターンを考えてみようと思います。

夫婦で使うベッドの2つのパターン

夫婦で使うベッドを決める時、一番最初に考えるべきは「一台のベッド」か「ツインベッド」かという点。
一台の大きなベッドでいっしょに寝るのか、それとも二台のベッドでそれぞれ寝るのか。

これを決めなければ一向に進みませんよね。

一台の大きなベッド

夫婦で一台の大きなベッドで寝るなら、ダブルサイズ(幅約140cm)以上の大きなベッドが必要。
クイーンサイズ(幅約160cm)やキングサイズ(幅約180cm)といったさらに大きなベッドもあります。
また、二台のベッドを連結させて使えるベッドもあり、その時によって一台として使ったり二台に分けたりという使い方もおすすめです。

一台の大きなベッドで寝るメリット

ダブルベッドの場合は、マットレスが分かれていることは基本的にありません。
一枚のマットレスです。
中央に境目がなく、自由にゴロゴロできますね。
リネングッズの種類も豊富で、デザインや素材などいろいろ選ぶことができます。

クイーンやキングサイズの場合は、マットレスが一枚か二枚かによってけっこう感じが変わります。
一枚の時はダブルと同じく中央に境目がないのが大きなメリット。
ただ、リネングッズの種類は少なくなってしまうのが現状です。

二枚に分かれていると、寝返りの振動が相手に伝わらないメリットがあります。
また、必ずしもベッドに入る時間がいっしょなわけでもありませんよね。
ベッドに入る時の振動なども相手に伝わらないので、いちいち起こしてしまうこともグッと減ります。

二枚に分かれているとリネングッズも二枚に分かれるのが普通。
クイーンサイズの場合はセミシングルサイズ×2になるので、こちらもリネングッズの種類は少な目。
キングサイズの場合はシングルサイズ×2なので、種類は豊富にあります。

一台の大きなベッドで寝るデメリット

一台の大きなベッドで寝る時の最大のデメリットは、やはり振動や揺れが相手に伝わる点。
上記の通り、マットレスが分かれていればかなり軽減できます。
掛け布団も二枚にすることで、よりデメリットは解消されるものの、どんどん一台の大きなベッドで寝ている感覚が薄れていくという事実も。
それなら最初から二台のベッドで寝ればいいのでは…?という「そもそも論」に至ってしまいますね。

なので個人的には、一台の大きなベッドで寝るという決定をした時点で、振動や揺れは仕方がないと考える。
それ以上に、相手を近くで感じることができる喜びが大事ではないでしょうか。

ツインベッド

夫婦でそれぞれベッドを置く場合は、二台置くのでスペースを大きく使ってしまいます。
ただ、その分だけ睡眠の質は確実に向上します。
キングサイズならシングル×2なので、そこまでスペース的には変わらないかもしれません。

ツインベッドのメリット・デメリット

ツインベッドのメリット・デメリットは、つまりは前述の裏返しなので、深く言及する意味はありませんね。
ざっくり言うと、フレーム・マットレス・布団類すべてが別々なので、相手を起こしたりすることがないのが最大のメリット。
デメリットとしては、なんとなく寂しく感じる人もいるかもしれません。
またスペースはツインのほうが使ってしまいます。

一台のベッドで寝る時のサイズ感

夫婦で一台のベッドで寝る場合、一般的なのはダブルベッド。
ただしダブルベッドは幅が約140cmとそこまで広くなく、スリムな夫婦じゃないと狭く感じてしまうかもしれません。

パターンは「ダブルサイズ」「クイーンサイズ」「キングサイズ」「連結ベッド」の4つあります。

ダブルサイズ

省スペース性とリネングッズの種類の豊富さが魅力。
ただ案外狭いので要注意です。

クイーンサイズ

幅が160cmと程よいのがメリット。
マットレスが一枚でも二枚に分かれていても、どちらにせよリネングッズの種類が少ないのが難点。

キングサイズ

クイーンと同じでマットレスが分かれているかが重要。
ただしキングサイズの場合は、一枚ものの大きなマットレスだとカバーなどの種類は少ないですが、二枚に分かれているとシングルサイズになるので、種類が一気に増えるメリットがあります。

連結ベッド

セミシングル・シングル・セミダブル・ダブルという基本サイズをジョイントできるベッド。
夫婦使う場合は、セミシングル~セミダブルの3種類を連結させる感じですね。

フレーム自体は分かれていますが、金具で連結するので離れることはありません。
あたかも一台の大きなベッドのように使うことができます。

ただし連結タイプは、最初から二枚のマットレスしかないのが難点。
一枚ものの大きなマットレスの設定はありません。

ツインベッドで寝るときのポイント

ベッドを二台分けて置く場合は、連結タイプや隙間なく並べて置けるベッドがおすすめ。
もちろん離して置く場合は意味ありませんが、並べれることができないと、もしそういう場面になった時に困りますよね。

絶対に並べることはないと断言できるなら、気にせず好みのベッドを選ぶことができます。
ただその場合も、同じモデルを置くことをおすすめします。
違うデザインだとインテリア的にもチグハグになってしまいますよね。

連結タイプ

連結タイプのいいところは、つなげることも離すこともできる点。
臨機応変に使い分けることができます。
デザインも同じものなので、離して置いても並べても違和感は全くありません。

ただ、夫婦だけの場合は、連結されていなくてもそこまで大きくベッドフレームがずれていくということも少ないので、次項の二台隙間なく並ぶベッドでも十分と言えます。
そのほうが選択肢も増えるので、お好みのデザインのベッドもきっと見つかるはずです。

連結できるベッドのカテゴリーはこちら

二台隙間なく並ぶベッド

こちらの場合も、並べてもいい感じですし、もちろん離しても違和感ありません。
セミダブル×2という使い方なら、それぞれが広く使って優雅に寝ることもできますよね。
リネングッズの種類も心配なく、夫婦で使いやすいベッドと言えます。

さらに収納付きのベッドにすることで、圧倒的な収納力の寝室にすることも。
ツインベッドの欠点はスペースを使ってしまうことですが、そのスペースが収納スペースになれば、欠点を上手に解消することができます。
大きいベッドほど収納スペースも広くなるので、思い切って大きなベッドにすることもできますね。

夫婦におすすめのベッド特集はこちら

まとめ

夫婦の寝室で使うベッドは、一台の大きなベッドにするのか、それともツインベッドにするのかという点を最初に決めなければいけません。
一長一短なので、ここは夫婦でしっかり話し合うことが大事。

一台の大きなベッドにするにしろ、ツインベッドにするにしろ、デザインはお互いが好きなものを選びたいところですね。
白くてメルヘンチックなベッドでは、夫が落ち着いて寝れません。
かといって男性的なゴリッとしたベッドだと、奥さんが不満になってしまいます。

お互いが妥協できるデザインを選び、そのうえでカバーなどで個性を出すようにするのがおすすめです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ